無職のクレジットカードの作り方

このエントリーをはてなブックマークに追加

無職の方の場合、クレカの発行は非常に難しいといえます。
実際には無職でクレジットカードを持っている方も多くいます。
そして、無職でもクレジットカードを利用している方もたくさんいます。
そのため、多くの方が安易に無職でもクレジットカードを発行できると勘違いをされています。

実際には、無職の方は一般的にクレジットカード審査を通過することはできないのです。
しかし、厳しいのは確かですが、どうやってもクレジットカードを発行できないというわけでもありません。

では、無職の方のクレジットカード発行事情・発行方法・お勧めなどを見ていきましょう。

無職でもクレジットカードの審査に通るには

無職でもクレジットカードを利用している人たち

無職でもクレジットカード利用している方の多くは無職になる前にクレジットカードを作ったものです。

無職になってもカードの返納や利用停止になることはないため問題なく使用することが出来ます。

預貯金があれば、ある程度までは問題なく支払いができるでしょう。
そのため、無職でもカードを利用できる方がいるのです。
しかしながら、クレジットカードを利用する支払いでは、当然返済義務が存在します。

安定した収入のない無職の状態だからこそ、カードの利用の際には熟慮することが大切です。
また、既に持っていてもカード会社によって、信用情報を有効期間中に再確認する途上与信が行われます。

カード会社は、継続的に申込み審査と同様の審査を行なっています。
この審査によって、カード停止・利用枠減額等が行われることがあるので注意が必要です。

クレジットカードの審査

クレジットカードの審査では、預貯金による支払い能力は考慮されません。
もちろん、生涯賃金を上回るような資産規模ならば話は別ですが、通常安定した収入があることを求められます。

なぜなら、預貯金では支払い日時点の支払能力の証明にはならないためです。
このように考えてはいないかもしれませんが、カードの利用とは信頼を担保に借り入れを行うことなのです。

単純に後払いやツケだと甘く考えないよう注意しましょう。

クレジットカードの審査が見るポイント

職業
年収
会社の規模
家族構成
年齢
住居

カード会社による審査項目は主に6つであり、上から順に重要度の高いものといわれています。
職業や年収が真っ先に挙げられており、無職での審査の通過が困難であることがわかるでしょう。

ただ、カード会社によっては申告することで事情を考慮してもらえる場合もあります。
たとえば、事故や病気などの過失のない退職による無職状態などが該当します。
そういった場合、直近まで勤めていた社名・退職理由などを審査に添えると通過することがあります。

しかしながら、上記のような理由がなく急遽クレジットカードが必要になることがあります。

こうなると、原則として審査が甘いカード会社を選び、審査を行ってもらうことにしかありません。
審査の通過率の高いクレジットカードに絞って、申し込みを行いましょう。

また、専業主婦などの場合には、職業欄には無職ではなく「家事専業」と記入したり、同居の親、配偶者の収入があることを説明するとカードを発行ができることがあります。
審査において、「確実に連絡が取れる電話番号にする」「無記入欄を作らない」ことが絶対条件です。

この点をおろそかにするとどんなに審査の緩いカードでも、発行はかなり厳しくなります。

なお、カード申請の際に虚偽報告を行うことは、法律違反になります。
信販会社が最も重要視するのはカード所持者の信頼性となります。
無職であっても正直に事実のみを深刻をするようにしましょう。

実際に無職と記入することに気後れして、嘘の職業を書く方もいます。
しかしながら、そのような事例では審査の際に、記載の勤め先に行われる電話確認によって発覚することが大部分を占めています。

虚偽申請が発覚すると、その申請が却下されるばかりか再度の申請の際にも審査が厳しくなります。

申込書に虚偽の内容は絶対に書き込んではいけません。

無職でも発行しやすいクレジットカード

クレジットカードの発行審査が甘いと有名なレジットカードには、一定の共通点があります。
主に
・年会費永年無料
・発行スピードが速い(即日・2、3日程度)
・付加サービスが少ない
上記の3点を満たしたカードの多くが、審査の通過率が高いと考えられます。

では、実際に審査の通過率が高いといわれているカードを見ていきましょう。
よく言われており、事実、通過率の高いカードの系統は、「ネットショッピング系」「流通系」「ネット銀行系」
「キャッシングローン系」のクレジット会社が通過しやすいといわれています。
カード自体の審査基準では、「楽天カード」「イオンカード」「SBIカード」「アコムマスターカード」といったカードが代表的だといえます。

楽天カード(ネットショッピング系)

年会費無料。
ポイント還元率1%、楽天市場では買い物のポイントと合計で2%。
海外旅行保険や、盗難保険も付帯しています。

イオンカード(流通系)

言わずと知れた流通系最大のイオンカード
20,30日は5%OFFなどイオンでの買い物に大活躍のカードです。

SBIレギュラーカード(ネット銀行系)

ETCカードも無料のネット銀行系カード
年会費永年無料、楽天同様海外旅行保険や傷害保険が付いています。

アコムマスターカード(キャッシングローン系)

年会費無料、即日発行が可能。
クレジットヒストリーの審査がほとんどないクレジットカードです。
審査の緩いカードのほとんどがJCBのなか、珍しいマスターカードブランドで世界中で使用できます。 

なお、銀行で定期預金をしている場合には、定期預金の金額によってはカードを作れることがあります。
定期預金の残高があれば、その銀行のクレジットカード審査を通過しやすくなります。

無職ではない状態でカード申請を行う

これまでに書いてきたように、無職ではカード申請を通る事は非常に困難だといえます。
無職でも発行できる可能性のあるカードも紹介しましたが、種類も限られます。
また、通りやすいとはいっても、確実に発行できるわけではありません。
そこで、発想を変えて無職でなくしてしまうことで選択肢を増やすという方法があります。

派遣社員として登録

派遣会社に登録すると、派遣社員としてクレジットカードの申請が行うことができます。
派遣会社への登録自体は、就業不可能なほどの場合を除いてほとんどの方が登録できます。

自営業者となる

フリーランスでライターやアフィリエイトを行っている方も多いのではないでしょうか?
また、商品を仕入れ、ネットで販売している方も多くいらっしゃいます。
こういったことをしている方は、職業「自営業」に該当します。
そのため、カードの審査においても「無職」ではなく「自営業」として申請ができます。
なお、正式に自営業者になるためには、役所と税務署ですぐに作れる届出の提出を行う必要があります。
こうした事業を行っている方なら収支が赤字であっても当然、自営業として認められます。

パートタイマーやアルバイト

コンビニやスーパーなどのアルバイトやパートであっても当然収入が発生します。
このような形で少しでも収入を得ることができればカード発行のハードルは大きく下がります。

仕事があれば作ることができる

自営業や派遣など内容に関わらず、週に1日や数時間でも仕事をすれば収入あるとクレジットカードを作ることができます。
そうなれば審査の緩いクレジットカード会社であれば容易にカードの発行が可能になります。
少しでも審査に通過しやすい状況を整えることが重要だといえます。

家族カード

ここまでの手段を試してもクレジットカードの審査に1つも通らないということがまれにあります。
そのような場合、同居の家族がいれば家族カードの発行を考えてみましょう。
家族カードとは、クレジットカードの契約者の家族に対して発行するクレジットカードです。

通常のクレジットカードと異なり、契約者の信用審査をもとにカードを発行するので、家族の申込者は審査が不要です。

例として、無職であっても、家族カードを発行してもらう場合、審査の対象になるのは申込者ではなくもともとのカード契約者で家族の収入になります。
ただし、家族カードは基と乗るカード契約者の信用によって発行されるので、引き落とし口座は同一のものとなります。

カード払いで買い物をした場合、その内容や金額が家族にまるわかりになるためプライバシーに関しては注意が必要です。

細かい注意点はあっても無職で発行できるカードは貴重ですので、家族に一度相談してみるのが良いでしょう。

デビットカードという選択肢

デビットカードででは、多くの場合審査がありません。
無職や主婦、フリーターであっても簡単に申し込みが可能です。

デビットカードとは

デビットカードは審査がなく、クレジットカードとほぼ同様に使えるカードです。
クレジットカードとの大きな違いは、即時決済である点です。
カードを使用すると、即座に銀行口座から引き落としが行われます。

そのため、カード利用には口座残高が必要であり、使用金額を翌月などに持ち越すことができません。

常に残高に左右される点はデビットカードのデメリットです。
しかし、クレジットカードと違い、使いすぎによる多重債務などの心配がないため一定の人気があるカードです。

デビットカードの作り方

デビットカードを作るためには銀行口座が必要です。
口座指定してデビットカードに申し込むと、3~7営業日ほどでカードが発行されます。

デビットカードには審査が無くて誰でも作れるというメリットがありますが、ポイント還元率などではクレジットカードに劣ります。

そのため、後払いに抵抗感のある方、まずクレジットカードに申し込んでだめだったら場合にデビットカードを申し込むようにするとよいでしょう。

無職と主婦・学生の違い

ここまで読んで頂いた方は、「なぜ学生や主婦は無職でもカードが作れるのか?」と思ったかもしれません。

ですが、学生の場合、カード会社にとって今後長期間にわたって使用する可能性の高い顧客であり、多くの場合親の保護下にいます。

また、将来的に就職によって信用力が担保されるとも考えられています。
そして、専業主婦の場合には、夫の収入など家計を一手に握っていると考えられています。

つまり、学生・主婦は無職の方と異なり、一定の信用力のある職業のようなものだとカード会社が判断しているということなのです。

最後に

クレジットカードを作るためには信用力のある定職に就くのが一番です。
無職になったばかりの方は預貯金のある方は就活にまだ余裕があるかと思います。

カード作成のためにも、今後の生活を安定させるためにも、貯えがある間に就職や企業など収入を得る手段を探すことを第一としましょう!

貯えの無い方はカードの作成以上に現在の生活を安定させることが先決です。
カード自体は当面デビットカードなどを利用して、生活の再建に力を注ぐことをお勧めします。

クレジットカードは生活の道具のひとつです。
道具はきちんと使いどころを見極めて、失敗しないよう有効に使いましょう!